Home > Archives > 2013-11

2013-11

夢ぞかなしき

  • 2013-11-25 (月)
  • Blog | Photos
  • 作成者:Junco-san

亡き皇女のためのパヴァーヌ

20131125_1

11月24日午後の浄土宗大本山増上寺の紅葉です。

開始時間を図らずも1時間も早く(**)間違えて到着した私は、

増上寺の庭を初めてゆっくり散策しました。

今日は西川瑞扇からご案内頂き、何だかとても興味深く、

早い時期から伺う事を楽しみに予定していました。

20131125_2

「浄土宗の開祖法然上人は経文の礼讃に和歌披講の旋律を取り入れていた」という、

この今まで誰も触れなかった法然上人の音楽的側面を

「中村孝之師」が解き明かす礼讃読謡と和歌披講、

そして法然上人に思慕を寄せた「式子内親王」の煩悩を西川瑞扇が艶やかに舞う、

という初めての試みです。

20131125_3

1部の声明(礼讃)と歌会(和歌披講)は序章のヴァイオリンの伴奏で声楽から始まり、

第一章から第七章、そして終章の露の身二首「御胎内の和歌」まで・・

その発想の深さに感銘を受けました。

20131125_4

藤原定家に愛され、法然上人を思慕した女流歌人、

式子内親王の愛と人生を舞踊と語りでつづるというこれも初めての試み。

20131125_5

語りに太川陽介・磯部勉の両氏を携えて踊る瑞扇の艶やかさと悲しさ・・

能面をつけて舞った時の衝撃も忘れられません。

観世流の能楽師「松木千俊」さんはアドバイザーとして

素晴らしい要素を日本舞踊に提案していると思いました。

昔から瑞扇と松木さんと私は大の仲良しで(^^)

忙しくなった今もこうして芸術として真っ直ぐに向き合っている姿を見せて頂く度に

生きる上での大いなる励みを貰っている私は幸せですね。

20131125_6

瑞扇は「あなたを美しく魅せるモテしぐさ」(KKロングセラーズ)という本も出していて、

沢山の女優さんの憧れでもあり、

この日も賀来千賀子さんが花束を持って最前列で真剣に見つめている姿も印象的でした。

20131125_7

帰りに新宿で食事の後、

パンプキンとラムレーズンのこんなに大きなアイスクリームもデザートに戴きました!(^^)

純子SAN

河村利夫と仲間たち

  • 2013-11-18 (月)
  • Blog | Photos
  • 作成者:Junco-san

中野・ハーモニーホール

11月15日の東京は小雨で寒い日でしたが、

満員の開場は熱気に溢れて南国の暖かさと、

叉華やかさに包まれていました。

20131118_1

ジャズの名曲からのスタート!

河村利夫クインテット+1の演奏の素晴らしい事と言ったら♪

早々に完売になったチケットを手にした方々はラッキーだったと思います(^^)

20131118_2

純子さんが加わり、歌の世界へ!

まずは「ラ・ヴィータ」から~♪

此処までのグレードの高いサウンドの中で歌えるのは本当に幸せな事ですね。

20131118_3

本日の目玉でもある新曲の「恋しくて」勿体ぶらずに1部で披露。

河村利夫先生の世界は高尚であり、懐かしくもあり、

叉、泣けたというご意見沢山頂きました。

20131118_4

大喝采の中で1部が無事終了しました。

2部が終わり、熱いアンコールに答えて(^^)

河村先生の不滅の大ヒット曲「真夜中のギター」を新しいアレンジで!

お客様も一緒に口ずさんでいるので思わず客席に降りて、マイクを差し出しました。

ホール全体が一体になった素晴らしいコンサートだったと思います。

有難うございました!

20131118_5

純子SAN

恋しくて・村上春樹(編訳)

  • 2013-11-06 (水)
  • Blog | Photos
  • 作成者:Junco-san

( TEN SELECTED LOVE STORIES )

20131106_1

9月13日に発売になり、大反響の本です。

村上春樹さんは毎月ニューヨークから世界中の新書を取り寄せて読んでいて、

世知辛い世の中で長く続いている「ポスト・モダンニズム」の中でこの所、

優れた「ラブストーリー」に出逢うようになったとの事。

セレクトした10編の短編小説を単なる翻訳ではなく、

村上春樹流に編訳したというなら誰でも手に取って読んでみたくなりますよね!

「ラブストーリー」の時代がやっと巡ってきたのかも知れないと

編集後記に書かれていて嬉しくなりました(^^)

20131106_2

11月15日(中野ハーモニーホール)では新曲のお披露目もあり、

何と!「恋しくて」という題なのです!

作曲の河村利夫先生から、今年の初めに良い曲が出来たから

「恋しくて」というキーワードで詩を書くようにと言われました。

切ないラブストーリーを今この時になんて♪

河村先生は先見の明があったのでしょうね。
 
既にチケットは完売になってしまいましたが、

皆様にいつか聞いて頂ける日を楽しみにしています(^^)

純子SAN

Home > Archives > 2013-11

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
Feeds
メタ情報

Return to page top