Home > News | Photos > 1月が終わる儀式

1月が終わる儀式

  • 2014-01-29 (水) 18:58
  • News | Photos
  • 作成者:Junco-san

20140129_1

毎年恒例の松木千俊さん主宰「檀の会」27回を迎えました。

渋谷の松涛にある「観世能楽堂」の入り口の聳え立つ松ノ木も当日は天気予報に反して暖かく(^^)

一杯の陽射しを受けて開催を称えているようでした。

20140129_2

20140129_3

ご子息の崇俊さんの成長が素晴らしく、母上にお見せしたかったと・・・

脳裏に浮かぶ母上のお顔がずっと微笑んでいました。

千俊先生の最後の大般若は、新しい面をつけての大迫力で貫禄が伝わって参りました。

毎年、この新春能が終えると一月が終わるのだと実感します。

20140129_4

もう1つ!「カラスミ」とワインの会。

世田谷応援団のS氏主催で、お能の前日の夜に素敵な創作料理のお店で行われました。

2004年のモエ・ド・シャンドンのシャンパンから始まり、貴重なワインの数々とご馳走(^^)

お土産に恒例の新鮮なカラスミを戴きました。

20140129_5

京都で暖かく見守っていて下さるB氏から

「時折、錦市場を散歩。打田漬物の親しいオジサンが今回のは抜群の出来と推奨!」

と贈って下さった冬の京漬物の数々。

やはりオジサンの推奨通り(^^)すぐきや赤かぶら漬けなどビックリする程のお味でした。

純子SAN

Home > News | Photos > 1月が終わる儀式

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
Feeds
メタ情報

Return to page top