山椒三昧

立原道造さんのご子息の料理本の中で虜になった山椒炒り煮。30年以上前からです。

山椒の葉を陰干する事10日間前後。

それを気の遠くなるほどの時間をかけて遠火🔥で炒りあげます。


弱火で30分以上。
炒り上がったら酒と醤油のみで味付終了。

ほんの少しになりますが、これが貴重で美味で年に一度の贅沢です。

昔は炊きたてご飯のお握りにしていましたが、今は巻き物にしてお酒のオツマミでゆっくり味わっています。
友人にも紹介して喜ばれています。

純子SAN